新潟県上越市の法律事務所 - 企業法務・相続・遺言

上越つばき法律事務所 - 企業法務・相続手続・離婚相談 - 新潟県上越市

若年者を雇用したい場合のポイント

 

 先日、若年者人材採用活動について考える勉強会に参加しました。

 

売り手市場とは聞いていたものの、就職氷河期と言われていた時代のイメージがベースにあったため、

現在の採用活動の企業側の苦戦ぶりに、衝撃を受けました。

 

なぜ、企業が採用に苦戦を強いられているのか?

 

若者の人数が減少。まず、これが大きいことは納得できます。

 

驚いたのは、給料の高さは、今の人たちには魅力的ではない、ということ。

なんと、「物も情報も豊か」な中で育った世代にとって、給料の額はさほど重要ではないとのことで、

それよりも、社長が自社の魅力・個性・自社の意味づけを伝えることが重要になっている、とのことなのです。

「今の人たち」を知ること、情報を入れて、対応してくことが必要だと学びました。

 

 

今の人たちは、「楽しそうな会社を選ぶ」ということなのです。

 

では、どうしたらよいのか?

 

    「ここで働いたら楽しそうだな」と思ってもらえる会社作りをする。

そのためには、まず社長が、「前を向いて、楽しみながら」働いていることが重要だと思います。

    その上で、企業の良さを受け止めてもらうために、「採用担当者」の人選を慎重に(就職先決定の際に影響を与えた人、第一位)

    採用後の教育担当も重要であることを認識する。

「ほったらかしだとやめる。構わないとやめる。」という傾向に注意が必要です。

コストをかけて採用したのに、定着しないのはもったいない!

 

以上のことを学びました。

 

 

活気のある会社がどんどん増えて、やりがいを感じながら働ける人(若い人に限らず)が増えていくことを期待しています。